カードローンに申込をしても審査に通るか不安という方は少なくありません。

 

最近の消費者金融ではアルバイトやパート主婦の方でも借りられる環境が整っており融資までの時間がかなり短くなりました。審査の内訳としては、属性スコアリング、信用情報の確認、在籍確認、本人確認情報の確認となっています。

 

属性スコアリングとは年収や職業、居住形態などの申込情報を数値化し、しっかりと返済してくれるかどうかを確認するための審査です。

 

過去の情報をもとに返済してくれる人と貸し倒れしやすい人とを判断してデータ化しています。

 

それぞれの判断基準があるので、不安な方は各項目を確認してみるのもよいかもしれませんね。

 

続いて信用情報です。信用情報とはクレジットカードやローンの利用履歴のこと。

 

信用情報機関によって管理されており、カードローンに申し込むと情報が共有され、それを確認されるというわけです。

 

審査に通らない理由がわからない方はここが原因となっているケースが多く、料金の延滞などが審査落ちの原因といわれています。

 

どうしても不安な方は開示という方法で確認することができるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

 

在籍確認とは、勤務先に電話をかけて本当にその職場に勤めているのかどうかを確認するための審査です。

 

オペレーターが直接電話をかけて確認しています。

 

会社にカードローンの申込だとばれるようなことはしませんし、安全性は保障されていますが、どうしても不安という方は電話以外の方法で対応してくれるケースがあるようです。

 

不安な方は一度オペレーターに相談してみるとよいかもしれませんね。

 

本人確認情報の確認は信用情報機関によって得た情報を確認して、嘘の内容ではないか、電話番号や氏名、住所は正しいかを確認しています。

 

審査に通らない理由としては信用情報であることが多いです。

 

消費者金融をはじめて使うという方ならそれほど心配する必要はありません。上手に活用して、お金のやりくりに役立ててくださいね。