消費者金融のカードローンでは総量規制という規制があります。

 

これが審査に通らない理由の一つにもなっていますので、何かよく分からないままに申込んで審査に落とされたというようなことにならないよう、この規制について説明しましょう。

 

 

総量規制とは、ある人が借りることのできるお金の総額を、一定のレベルまでに規制するというルールです。

 

少し考えてみると分かるでしょうが、あまりにも多くのお金を借りては、利息も膨らんでしまいいずれは返せなくなることは間違いありません。

 

では、どのレベルまでなら返済できると考えられるかが協議された結果、その人の年収の3分の1までと決められたのです。

 

年収の3分の1までであれば何とか返してもいけるだろうが、3分の1を越えるようなお金を借りると、それは返済が厳しくなって当然だろうということです。

 

ですから、この総量規制がある限り、例えば自分の年収が450万円だとすれば、ある消費者金融から150万円を越えるお金を借りようとしても審査に通りません。

 

また、この規制は一つの消費者金融からの借入だけを対象としたものではありません。

 

複数の借入がある場合はその全てを合計したものが審査の対象となります。

 

もし年収450万円の人がいて、既に他のカードローンで合計150万円の借入をしている人がいれば、その人は新たな消費者金融にカードローンの申し込みをしても、たとえ1万円でさえも借りることはできないということになるわけです。

 

ですから、年収の3分の1の借入が既にあるような人は、一時的にでも返済をするなどして借入総額を減らすか、それとも年収をアップさせるかしない限りはどんな消費者金融からも借りられないということになります。

 

これが審査に通らない理由の一つになることが理解いただけたでしょうか。

 

なお、他の消費者金融からの借入は信用情報機関に照会することですぐ分かってしまいますし、年収についても所得証明書の提出などを求められることで分かってしまいます。

 

ですから、ごまかすようなことはできません。