カードローンの審査で気にしたしまいがちなのが、在籍確認です。

 

仕事場やアルバイト先に、銀行や消費者金融から電話がかかってくることには、不安を感じるのは仕方がないかもしれません。

 

そのため、在籍確認がない銀行や消費者金融を探して、カードローンの申し込みをしようとするかもしれません。

 

しかし、カードローンの審査では、必ず在籍確認は行われます。

 

審査で在籍確認が一切ない銀行や消費者金融のカードローンはありませんし、たとえあったとしても危険性が高いです。

 

トラブルに巻き込まれて余計な不安感を感じないように、安心できる銀行や消費者金融を選ばなければいけません。

 

そもそも在籍確認について詳しく知っていれば、審査に対して不安になることは一切ありません。

 

在籍確認は、銀行や消費者金融の担当者が仕事場やアルバイト先に電話をかけて、申込者本人が在籍しているのか確認するだけです。

 

それ以外のことを聞くことはありませんし、逆にカードローンに申し込みをしていることを、会社やアルバイト先の人に教えることはありません。

 

電話をかけるときも銀行や消費者金融の名前は一切出さず、担当者の個人名を出して質問してきます。

 

ですから、電話を受け取った会社やアルバイト先の人は、カードローンの在籍確認だとは気付かないでしょう。

 

しかし、電話をかけてきて在籍しているのか聞くだけの電話は、却って不安感を煽るかもしれません。

 

分かる人が電話に出れば、確かに在籍確認であると気付かれることはあります。

 

そのため、お金に困っていると噂が流れて、仕事場やアルバイト先での評価が低下すると思うかもしれません。

 

ですが、電話で連絡して確認をとるのは、カードローンに限らずクレジットカードなでも行われています。

 

もし不審に思われて聞かれた場合も、いくらでも取り繕うことはできるのです。

 

自分からバラさない限りカードローンの審査のための電話であるとはバレないので、安心して申し込みをしましょう。